沖縄の言葉

沖縄は空気もきれいで穏やかな「気」のような気がします。

人は温かく親切で、大好きです。

日本では沖縄が1番好きです。

こちらの言葉はまだ、ちんぷんかんぷんですが、教えてもらった、「にふぇーでーびるたい」。これは女性から言うときの「ありがとう」です。

他にも教えてもらいましたが、覚えていません。

各市町村でも方言があり、同じ沖縄の方でも言葉がわからないと聞きました。

沖縄の人の話し方で好きなのが「~しましょうねえ」というやさしいイントネーションの話し方です。男性でもこの話し方をしますから、沖縄の男性っていいですね!沖縄は土地柄が穏やかだから、人もおだやかなのかも。

富山県の言葉は沖縄に比べたら、早口で、怒っているように聞こえるかもしれませんね。

こちらの言葉も少しづつ覚えたいですね。P1210433

 

2014年4月3日 8:28 PM  カテゴリー: 沖縄での生活について, 未分類


“沖縄の言葉” への3件のフィードバック

  1. 下地 正紀 より:

    沖縄の方言で沖縄本島と離島では、言葉のアクセントや方言が違うと親や親戚からよく聞きます。
    宮古には行ったこと無いけど、宮古の方言は、本島の年ぱいの方でもよくわからないと聞いたことがあります。
    うちのばーちゃんが宮古人で、宮古の方と本島の方はしゃべり方でわかるそうです。

    ばーちゃんとデイケアーの方が宮古言葉でおしゃべりしてるのを聞いたことがありますが、ちんぷんかんぷんでした。(笑)

    • HirataYuko より:

      コメントありがとうございます。
      宮古島の人に聞きましたが、宮古島の言葉はフランス語に似ているそうです。((笑))
      畑の事を「パリ」というそうです。

    • HirataYuko より:

      沖縄の言葉を覚えたいけど、英語より難しいかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今帰仁体験工房とは?



沖縄県の今帰仁はとても環境のよいところです。
自分の中に眠っている感性・感覚がどんどん呼び起こされるような、そんな優しい環境です。
今帰仁体験工房は、あなたの中に眠っている感覚・感性を磨くための体験工房として生まれました。
この体験工房は、この空間にいるだけで「気のいいところ」とわかるエネルギースポットです。

その気の良い空間での、もの作りや絵を描くなど、感覚・感性を磨く場所として最適の空間を提供しています。
また、感性・感覚を磨くためのセミナーや野外エコツアーなども行っております。ぜひ、自分の感性を磨く場としてご活用ください。

また沖縄の地域生産者との交流やおじい・おばあとのふれあいの活動を通して、地元の良さや沖縄の環境について学び、
私たちが抱える問題、これまでの人間の営みの結果として生んでしまった、地球環境、地域環境、家庭環境などを見直し、よりよい環境を子供たちに渡していかれるように、
自分たちに何ができるのかを考え、実行していくきっかけ作りの場として活用していただけたらと思います。
未来に生きる人々が活き活きと安心して人生の目的を達成するために環境の良い沖縄に体験工房を作りました。